現在は過去を前提とした未来への通過点である
しかし 未来を前提に過去を通過点とした物語がここにある
あの日の空はどこにもない
風の香も 水の色も移ろう
何時 何処であろうとも構わない
私はその度 昔交わした約束を思い出す。